てんかんについて考える男性

突然起こったけいれん、てんかんかと思いきや実は全く別の病気だったということは意外とあるんです。当サイトではてんかんと間違われやすい病気についてご紹介しております。

60代の方のてんかんとひきつけについて

てんかんというものは、幼少期に発覚することが多い病気であるとされています。

例えば、保育園などに通っている方が、ある時に突然、友達と遊んでいた際に、急に泡をふいて倒れてしまい、驚いた保育士さんが病院に連れて行ってくれた、救急車を呼んでくれた、このような経緯から、医師の診察によって、てんかんを持っている、と診断されるケースがとても多いです。
または、思春期などにMRIなどを使って検査を行ってもらったところ、または脳波などを調べてもらったところ、てんかんであると診断されるケースなどが多く、実際には、このように若いころ、または中年などの時期になってから、気づくケースが多いものである、とされています。

しかし、このようなこととは別に、60代で急にてんかんだと診断される方々もおられるのです。

とても珍しいパターンであるため、多くのお医者さんも見逃してしまうものであるとされており、まさか60代になってから、突然、てんかんの症状が出る、このようなことは多くの医師でも信じられない、または想定出来なかったケースから、ひきつけなどを、60代の方が起こされた時には、別の病気だと診断され、しかし、そのひきつけが繰り返し、何度も起こること、そして処方された薬などを飲んでも、まったくひきつけが治らないことなどから、漸く、てんかんである、と診断がされるケースになっています。

それほど、60代で突然、てんかんの症状が出るということは珍しいものであるとされており、ご家族様も、本人様も、本当に驚くことが多いです。

上記のように、幼少期や思春期などの時代、またはバリバリと働いている中年の時代に、このようなてんかんの症状が現れることが多い、とされているからです。